お問い合わせ
メールはこちら
2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休業日
2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
 

何でもQ&A

飲むアルカリイオン水とはどう違うのですか?

アルカリイオン水というと、飲料用の水を思い浮かべる方がほとんどなのではないでしょうか。
この『超電水クリーンシュ!シュ!』は、それよりアルカリ性が強いもの、つまりpH(ペーハー)の高いもの、とお考えいただくとわかりやすいかと思います。
その為、飲料用には適しません。

弊社独自の特殊な製法によってpH値を高めることで、強力な洗浄力・除菌力をもったアルカリ水となっています。

但し、基本的に水ですので少々口に入っても問題はありませんが、万が一口に入った場合かなりにがみを感じます。

pHって何?

水素イオンの濃度を示す指数の事をpH(ペーハー)といいます。
その値により、酸性、中性、アルカリ性かを表します。
いわゆる「水道水」は中性でpHは7前後。これよりpHが高くなるとアルカリ性、低くなると酸性となります。

チャート

家庭一般で使われているアルカリイオン製水器などで作られる「アルカリイオン水」のpHは約9で、同時に生成される「酸性水」のpHは5〜6くらいです。この場合、「アルカリイオン水」は体によい飲料として、「酸性水」は洗顔やお風呂の水に使用すると良いと言われています。

『超電水クリーンシュ!シュ!』のpHは12.5で、高濃度の「アルカリイオン水」です。
そのため、飲料用には適しませんが、その豊富なイオンパワーが洗浄にも除菌にもすぐれた効果を生み出しています。

なぜ汚れが落ちるの?

『超電水クリーンシュ!シュ!』は水を独自な方法(特許取得済)で電氣分解した電解アルカリイオン水100%です。
この電解アルカリイオン水は以下の3つの力が合わさり簡単に汚れを落とすことが出来るのです。

すぐれた浸透力

通常の水より浸透力が強いので、汚れの細部にまでしみこみます。

すぐれた浸透力

鹸化(けんか)作用

油脂分をグリセリンと脂肪酸に分解します。この脂肪酸には石鹸と同じく洗浄性があります。

鹸化(けんか)作用

タンパク質分解作用

タンパク質を科学的に分解するのにアルカリが有効に働きます。分解されたタンパク質は非常に水に溶けやすくなります。

そして、このメカニズムは強力な洗浄効果だけでなく、 除菌にも大きな効果を発揮しています。
電解水でありながらこのような効果をもつため、家庭でのお掃除にはもちろんのこと、業務用としても様々な分野でお使いいただいています。

お風呂の鏡やタイルのくもりはとれますか?

お風呂場の鏡・タイルのくもりの原因となる汚れは特殊な汚れで、『超電水クリーンシュ!シュ!』では落ちません。
ただし、市販のいわゆるお風呂の洗剤を使われたとしても落ちにくいです。

この汚れは石けん成分やからだから出た皮脂成分と水道水中のカルシウムやマグネシウムなどの金属イオンが結合してできるもの(金属石けん)で、水に溶けないため洗剤では落としきれません。
タイルや鏡の表面の水滴がかわくときに、毎日少しずつ析出して表面にこびりつき長い期間をかけてムラになり、くもりの原因となっています。
鏡のくもりを取るにはシャンプーなどをガラスの表面にこすりつけていただくと薄い膜ができるため、一時的にきれいになります。
ただしこれは汚れを落とした事ではないので、シャンプーが徐々に水に流されていくと、元に戻ってしまいます。

カビには効きますか?

残念ながらカビには効きません。
「カビ」は「菌」とは違ってその構造が「胞子」に守られていて、『超電水クリーンシュ!シュ!』ではその胞子をうち破る力がないため、効きません。

市販のカビ取り剤にはほとんどが塩素が含まれており、「胞子」を壊してしまう力を持っているのでカビを落とすことができます。

使用期限はありますか?

はい、あります。
開封後1年以内とさせていただいております。『超電水クリーンシュ!シュ!』は高濃度のアルカリ水ですが、空気に触れると徐々にアルカリのpHが低下し普通の水に近づいてしまいます。その為、弊社独自の方法でpHを安定させるようにはしていますが、お使いいただくうちにボトル内の空気が増えてしまうため、pHの低下は避けられません。なるべく半年〜1年以内にお使い下さい。
また、お手数ですが、もし量が少なくなった場合、小さい容器に移し替えていただくと、pHは下がりにくくなります。
尚、開封前は、直射日光などが当たらない場所(常温)で保存していただければ5年ほどは大丈夫です。
いずれの場合も「まったくご使用できなくなる」という事ではなく、徐々にpHが下がり効果が落ちてしまう、という事です。